たまろくナビ 多摩北部都市広域行政圏協議会

文字サイズ小中大
foreign language
HOME > たまろくめぐり > ココみて 圏域のおすすめスポット > 清瀬市 > 中里富士山

中里富士山

 冬の晴れた日の朝には、清瀬市内でも日本一の標高を誇る富士山を眺めることができますが、市内にもう一つ富士山があることをご存知でしょうか?

 中里三丁目の閑静な住宅街の中にひっそりとたたずんでおり、中里富士山と呼ばれています。
 江戸時代に中里村で富士講を信仰していた人たちがつくったものと伝えられており、東京都指定有形民俗文化財にも指定されています。

 毎年9月1日には、この富士山を舞台に「火の花まつり(東京都指定無形民俗文化財に指定)」が行われています。

 おまつりのクライマックスは、富士講の人たちが「お伝え」と呼ばれる経文を唱えた後に、富士山をかたどって積み上げられた麦わらに火をつけるお焚き上げです。この火にあたり、灰を家の門口にまくと火災除けや魔除けになると言われており、大切に灰を持ち帰る方々も見られます。

 このおまつりには多くの地域住民が参加しており、今も当時の文化が引き継がれています。

nakazatofuji.jpg

↑普段は穏やかな木漏れ日のある場所ですが・・・・

hinohanafes.jpg

↑火の花まつりになると一変。近くで見るお焚き上げは圧巻です。

所在地

清瀬市中里3丁目991

 

pagetop